フィロソフィーのダンス「ダブル・スタンダード」Dance with Me TOUR 2021 at Zepp Haneda(TOKYO)(2021.07.04)

2 Просмотры
Издатель
■「ダブル・スタンダード」DL&Subscribe

■フィロソフィーのダンス Official HP


2021年7月4日にZepp Haneda(TOKYO)にて行われた
"Dance with Me TOUR"東京公演よりTVアニメ「魔法科高校の優等生」のエンディングテーマに起用されている「ダブル・スタンダード」のライブ映像です!

▼Words:SHOW
▼Music & Arrangement:野井洋児
▼Choreography:Μёg

All my love for you
Be there

女らしくとか気にしても貴方には(Rather)
いつも通り映っちゃってるのか フリしてるのか(Brother)

そうやって振り回す 狂わす 忍ばす 匂わす
誰も 彼も どれも(So give me more)
駆け引きとか苦手
でも不干渉じゃ不満足

刻み込まれた(プログラム)
恋と愛とか(モノグラム)
今日こそはひとつ
答えをちょうだい

「好き」だとちゃんと伝えて
私だけってそれって可笑しくない?
欲しがる癖がまた出ちゃう
泡沫の夢じゃまだ満ち足りない

Dance with me dance with me 魔法かけて
Dance with me dance with me 今夜だけは
利他主義者(アルトゥリスト)も利己主義者(エゴイスト)に
なんて罪な法則ね

All my love for you
Be there

数字の計算とは まるで違うよね(Answer)
イコールで結べない関係 もどかしくて(Together)

どうしたって気になる 欲張る 溢れる 絡まる
誰と何をしてても(Spacing out)
教科書通りに行かない
不正解じゃ不完全

どんな時でも(Everyday)
守ってくれた(Everytime)

今夜だけでもいい
この腕の中で

「好き」だとちゃんと伝えたい
私が信じている貴方へ
足踏みしてちゃ進まない
幻影(まぼろし)のままにはしておけない

Dance with me dance with me 永遠の中で
Dance with me dance with me そばにいるよ

いつも論理的(ロジカル)なのに感情的(エモーショナル)
なんて罪な法則ね
All my love

予測できない
恋の摂理は
まるでChemistry
壮大なMystery
嘘と真実に
愛を混ぜて
問いかける答えは

「好き」だとちゃんと伝えて

「好き」だとちゃんと伝えて
我儘ばかりなの分かってるよ
優等生じゃいられない
この気持ち愛以外ありえない!

Dance with me dance with me 魔法かけて
Dance with me dance with me 今夜だけは
私の左手 貴方の右手 繋いだらもう離さない
All my love for you
Be there

■8月18日リリース フィロソフィーのダンス「ダブル・スタンダード」
▼初回生産限定盤(CD+BD):6500円(税込)SRCL-11858~11859
▼通常盤(CDのみ):1250円(税込)SRCL-11860
▼期間生産限定盤(CD+BD):1980円(税込)SRCL-11861~11862
<全形態4曲収録>
01:「ダブル・スタンダード」
02:「ウェイク・アップ・ダンス」
03:「サマー・イズ・オーバー」
04:「テレフォニズム (Night Tempo Melting Groove Mix)」

■フィロソフィーのダンス Biography
2015年、音楽的にはコンテンポラリーなファンク、R&B。歌詞には哲学的なメッセージ込めるというコンセプトの下、数々の有名アーティストを発掘し世に送り出してきた加茂啓太郎プロデュースにより活動を開始。アイドルの枠には収まらない高い音楽性と歌唱力で話題となる。
2017年には2ndアルバム「The Founder」収録の、音楽の歴史を振り返ったポップでキャッチ―なダンスチューン「ダンス・ファウンダー」がSpotifyのバイラル・チャートで女性アイドルとしては初の1位を2日間記録!
2018年にリリースされた「イッツ・マイ・ターン/ライブ・ライフ」がオリコン・デイリー・チャート1位、ウィークリー・チャート7位を記録。
2019年には全国10か所、自身最大規模の全国ツアー「Glamorous 4 Tour」を完走。
デビュー前からテレビ朝日のレギュラー番組「フィロのス亭」をはじめ、NHK「RAGAZZE!(ラガッツェ)~少女たちよ!~」での日本を代表する名だたるアイドルたちとの共演など、大型露出多数!
FUNK・SOUL・DISCOの名曲の香りをふんだんにまとった高クオリティな楽曲と彼女たちのパフォーマンスは、数々の音楽ファンをうならせてきた。
そして2020年、満を持してソニー・ミュージックレーベルズよりメジャー・デビュー!自身最高位のオリコン・ウィークリー・チャート2位を獲得!
それぞれが独自の哲学で魅力をふりまく最強のベスト・フォーが、音楽業界に一石を投じる!
Under the concept of modern funk and R&B musical contents with lyrics containing philosophical message, the four girls of Philosophy no Dance started
their careers in 2015 with the production of Keitaro Kamo, producer who has discovered numerous famous artists.
They have become a hot topic because of their high musicality and singing techniques which cannot be commonly seen among girl groups.
In 2017, ‘DANCE FOUNDER’(from 2nd album ‘The Founder’), a catchy dance tune that looks back on the history of music, took 1st place on
Spotify Viral 50 and kept its position for 2 days, which was the first time ever for a girl group in Japan.
In 2018, ‘It’s My Turn / Live Live’ took 1st place on Oricon Daily Chart and 7th place on Oricon Weekly Chart.
In 2019, Philosophy no Dance successfully performed “Glamorous 4 Tour” in 10 locations around Japan, which was the biggest national tour they’ve ever done.
Even before debut, the girls have been appearing on TV show “The Clan of Philosophy no Dance (TV Asahi)” and had performed with famous girl groups
such as Morning Musume '20 and Momoiro Clover Z in TV show “RAGAZZE! (NHK).”
Mixing funk, soul, and disco music, Philosophy no Dance’s high-quality tunes and performances have gained much admiration from many music fans.
In 2020, Philosophy no Dance is finally making its major debut from Sony Music Labels!
The girls, each with their own philosophical charm, are going to create a stir in the music industry!

#フィロソフィーのダンス #魔法科高校の優等生
Категория
фантастика онлайн
Комментариев нет.